ICTリテラシーA  

 内藤統也ないとうつぐや

2単位

 経営学部 経営学科


ナンバリングコード  YGU_GE1acl010
科目区分  総合基礎教育科目
学年  1年
曜日時限  金曜 3時限
到達目標 ① コンピューターの基礎的な技術について理解していること。【把握する力】
②大学生活に必要な範囲で文書作成ソフトを使うことができる。【挑戦する力】
授業概要   この授業では、大学での実習室PCの使い方とコンピューターの基礎的な知識について学びます。また、コンピューターの文字入力法であるタイピングの技術を学びます。さらに、授業でのレポート作成や卒業論文の作成などで使う文書作成アプリケーションソフトの利用方法を学びます。

  この授業は、複数の教員が水曜2時限と金曜3時限に開講します。ガイダンスで指定されたクラスを受講するようにしてください。
  なお、授業内容や評価方法はクラス間で統一されています。

授業計画
回数 内容
1回

授業の概要説明
・本授業の成績評価基準を、左記[配付資料]に掲載しているため、授業計画に際し必ず確認すること

大学のPCの使い方1
・実習室PCのログイン・シャットダウン
・大学のPC特有の注意事項 
・使用できるアプリケーションソフト
・manabaへのログイン、使い方
2回 前回授業内容に関する小テスト

大学のPCの使い方2
・電子メールの送り方・受け取り方
・電子メールの使い方(CC、添付、署名など)
・電子メールのマナー
・大学の無線LANの使い方
3回 前回授業内容に関する小テスト

キーボードタイピング
・タッチタイピングについて
・タイピング練習

キーボードタイピングの小テスト(1回目)
4回 前回授業内容に関する小テスト

コンピューターの仕組み
・パソコンを構成しているモノと役割

Windowsの操作方法
・マウスの操作
・ファイルの操作
・拡張子
・フォルダの操作
・ファイルやフォルダの圧縮
5回 前回授業内容に関する小テスト

インターネットブラウザの使い方
・ブラウザとは
・ウェブサイトを閲覧する
・Office 365サイトの使い方
・ウェブサイト利用時の注意点

インターネットを使った情報検索の方法

IT関係の資格について
6回 前回授業内容に関する小テスト

※必ず教科書を用意し、この回以降、毎回持ってきてください。

<文書の管理>
・文書内を移動する
・文書の書式を設定する
7回 前回授業内容に関する小テスト

<文書の作成と管理>
・文書を保存する、共有する
・文書を検査する

キーボードタイピングの小テスト(2回目)
8回 前回授業内容に関する小テスト

<文字、段落、セクションの書式設定>
・文字列や段落を挿入する
・文字列や段落の書式を設定する
・文書にセクションを作成する、設定する

キーボードタイピングの小テスト(2回目)
9回 前回授業内容に関する小テスト

<表やリストの管理>
・表を作成する
・表を変更する
・リストを作成する、変更する
10回 前回授業内容に関する小テスト

<参考資料の作成と管理>
・参照のための要素を作成する、管理する
・標準のための一覧を作成する、管理する
11回 前回授業内容に関する小テスト

<グラフィック要素の挿入と書式設定>
・図やテキストボックスを挿入する


キーボードタイピングの小テスト(3回目)
12回 前回授業内容に関する小テスト

<グラフィック要素の挿入と書式設定>
・図やテキストボックスを書式設定
・グラフィック要素にテキストを追加する
・グラフィック要素を変更する


13回 前回授業内容に関する小テスト

<文章の共同作業の管理>
・コメントを追加する、管理する
・変更履歴を管理する

14回 前回授業内容に関する小テスト

<予備>
出題範囲の演習の予備

<授業のまとめ>
・評価について
・Word到達度確認テストの練習
15回 <授業のまとめ>
・キーボードタイピングテスト(最終)
・Word到達度確認テスト
・解説

準備学習等(課題・予習・復習・調査等) 授業の予習、復習には十分な時間(4時間程度)を確保して下さい。特にテキストを見ずに操作できるように十分復習してください。授業内に復習の小テストを行います。
評価方法・基準・講評の方法 下記項目で合計100点満点とし、成績評価を行う。

・各回の小テスト(50点)
・レポート課題(50点)  

レポート課題は、確認問題、キーボードタイピングの小テスト、到達度確認テスト(15回)で総合的に評価する。

原則として合計点が60点以上を合格としますが、点数に関わらず下記に該当する場合には、単位を認定しないことがあります。

・指定されたテキストを用意していない場合
・到達度確認テストの結果が低い場合
・授業内課題の提出状況が悪い場合

講評を希望する学生にはメール、manaba(LMS)のいずれかで対応する。
テキスト・参考書 テキスト:よくわかるマスターMicrosoft Office Specialist Word 365&2019 対策テキスト& 問題集
          FOM出版  978-4-86510-430-1
          2,100円(税別)

第6回の授業よりテキストを用いるため必ず購入する必要があります。
前年度の授業をふまえた今年度の授業方針 ・受講生のITスキルに応じた適切な指導を行う。
学生へのメッセージ 講義と演習を組み合わせた授業となります。欠席した場合には、授業で行ったことについて次の授業までに必ず自学習しておいて下さい。
授業に参考となる
サイト
 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは
関連する画像
 戻る